筋トレは、どこの部位を鍛えているかを意識すること。そして、筋トレを生活の中に取り入れてみる!

筋トレって、難しいって思っている方が多くいらっしゃると思うんです。
でも、それほどではありません。
だって、誰にだって筋肉はありますから大丈夫です。
毎日、ウォーキングやランニングしている人の足を見てください。筋肉が大きいですよね。
まさしく筋トレではないですか。スポーツジムに行って筋トレすることだけが筋トレではありません。
確かに毎日続けるのは非常に難しいです。

でも、筋トレは毎日簡単なことを続けるのにも意味があります。
もし、筋肉モリモリのメガマッチョを目指しているなら、もちろん専属のトレーナーなどをつけて
筋トレに励み、食事制限など真剣にやってください。
しかし、単に筋肉を動かしたい使いたいなどであれば、家でもどこでも出来るのではないでしょうか。
もちろん性格により、本格的な場所でやらないとできない人もいれば、お金をかけたくないという人もいるでしょう。その人によって選べばよいのです。

例えば、お金をかけずに、どこでも筋トレがしたいのであれば、通勤電車を待っているホームで背伸び状態。つまりかかとを浮かせて待つ。
私は電車でもつり革を軽く持ちながら、かかとを浮かせておりました。それにより、ふくらはぎとお尻の筋トレになります。
また、ゆれる車内であれば、つま先立ちになることでバランス感覚が養われ、インナーマッスルを鍛えることも期待できます。
こどもの頃は、バランス感覚が素晴らしかったに違いないでしょう。
しかし、大人になると、どうしたことでしょう。靴下を片足で立ったまま履けますか?そんな簡単だった事が簡単ではなくなってくるのです。

あと、他には、腹筋に力を入れて常にお腹をへこませてください。普段の生活でお腹は緩みっぱなしになってます。そこは筋トレをイメージして背筋を伸ばし腹筋に力を入れると猫背も防げます。
姿勢が良くなることで肩こりも、改善が期待できます。
このことは、歩いていても、座っていてもできます。
また、腹筋が鍛えられれば、便秘の改善もあり得ます。当然ダイエットにも効果があるのではないでしょうか。
あとは、何も考えずに歩いているのであれば、足の裏を意識してみてください。
足の裏のどこをつけて歩くかによって、内腿に力が入っているとか外側に力が入っているか違うのです。つまり、靴の底の減り方です。内側が減っている人は内腿に力がかかっていると思われます。また、外側が減る人は外側のももに力がかかっていると思われます。
そうすると、太ももはバランスが悪い筋肉の付き方になるわけです。筋トレでいえば、間違った筋トレになるのではないでしょうか。
筋トレも間違うと以上に一部分だけが大きくなりバランスを失い、ほかの部分に負担がかかってしまうんだと思います。そういうことでケガなどに繋がるのではないでしょうか。

そうならないためにも、日ごろの筋トレはバランスを考えながら、どこの筋トレなのかを意識しながら生活すること。それが大事になってくるのだと思います。
それだけでも、十分筋トレになりうるのではないでしょうか?
一度、やってみてはいかがですか?

メタルマッスルをご存知ですか?
筋トレサプリメントで筋トレの効果をさらに発揮してくれるんです!

メタルマッスルはこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です