コンビニ貧乏

社会人6年目で貯金額30万円。貯金はものすごく少ないけれども、周りの友人とお給料の話をすると私は周りより少し収入が多いくらい。
だけど周りの友人はもっとたくさん貯金しています。これから結婚やマイホームなど、人生のお金的節目を迎えるであろうわけですから、
お金はないよりはあったほうが良いに決まっています。そこで私はお金に対して自分が見直すべき点を挙げ、徹底的に改善していきました。
ここでは、その中の項目の何点かをお話ししたいと思います。

そんなわけで私は貯金に関する本を読んだり、インターネットでたくさん調べたりしました。
私が実践したことはとっても簡単です。ざっくりいうと、強い気持ちを持つこと、これが一番重要だと思いました。
様々な節約や貯金に関する書籍を読み漁りましたが、楽してお金がたまる方法なんてありません。
まずは気持ちをしっかり固めてから節約生活に臨むのが一番です。

その中でも私が一番無駄だと思う出費はコンビニ代です。仕事で疲れている帰り道の途中にキラキラと輝くコンビニの看板。
ついつい入ってみたくなってしまいますよね。
値段も数百円の世界のものばかりなので、トイレにいったついでや雑誌を立ち読みしたついでについつい使ってしまいます。
一日に500円のコンビニ代の出費があるとすると1か月で1万5000円になり、1年に換算すると18万円にもなります。
まさにちりも積もればなんとやらですね。

意識し、自覚するだけでコンビニ貧乏からは半分抜け出したも同じです。
今日からコンビニに入る前は一度立ち止まって何を買いに来たか、それは本当に必要なのかをもう一度考えてみましょう。

また、支出をしっかりと目に見える形で記録しておくことも大切です。
自分の1か月の食費や、光熱費、交際費、通信費を正確に把握している人は割合的には結構少ないです。
ただそうは言っても家計簿を毎日つけたりするのはめんどくさい。私もそうでした。

そこでおすすめなのが、スマートフォンアプリです。中には有料のものもありますが、無料でとても使いやすいものもたくさんあります。
銀行口座と連動し、現金の引き出しや公共料金の引き落としなどがあるとリアルタイムで計上されるものもありますし、レシートを
スマートフォンで撮影すると金額が自動で入力されるアプリもあります。
私はアプリを有効活用し、コンビニ貧乏から抜け出すことが出来ました

調べてみれば、もっと良い節約方法があるかもしれません。常にアンテナを張って自分から行動していくことが大切だとも思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です