昔と比べたカードローンの審査

カードローンの審査は、時代によって内容が変わってきています。
昔と比べて言えることは、確実に厳しくなっていることです。
昔の審査基準は曖昧なところがあり、返済が厳しいと業者が判断しても、裁量ひとつで融資することは可能だったのです。
しかし現在は、総量規制によって貸付額は年収の3分の1以内としています。
消費者金融、信販会社、クレジットカード会社などが、年収の3分の1超の融資をすると違法になってしまうのです。
融資可能となるのは、銀行、非営利の金融機関だけです。
借りるのが難しくなった理由はほかにもあります。
大幅に低金利化したことで、業者が利用者を精査するようになったのです。
低金利で貸すということは、自社の利益は減少することを意味しています。
そのため、回収できないと思われる人には最初から融資しないわけです。
こうして見ると、カードローンの審査は確かに厳格化していますが、昔よりもよくなった部分も多くあります。
総量規制によって借りすぎのリスクが軽減したこと、低金利で借りられることです。
総量規制においては賛否両論ありますが、規制に引っかかって借りられない方は、すでに年収の3分の1まで借りています。
年収300万円ならば、100万円をすでに借りているわけであり、この金額は決して少ないものではありません。
借りすぎを防げるという意味では、借りられないことは非常に意味があることでしょう。
金利に関しては特に消費者金融の金利が大幅に下がって借りやすくなっています。