メニュー訓練法

文字情報を視覚で理解して、写メのように一度にとらえていくというトレーニングが、「メニュー訓練法」というものです。これは、食堂のメニューを開いて、メニューを全体的にいっぺんに見て理解していくという訓練です。これは、何もメニューでなくてはならないというものではありません。新聞や広告チラシでも構わないでしょう。文字情報の多いものを見て、瞬時にその内容を理解して、可能な限り、多くの情報を一度に理解するというトレーニングです。
私たちは、これまでの学校教育や、それに基づいた生活習慣の中から、「文字で伝えられているものは、一つひとつ丁寧に読んでいかなくてはいけない」というようにインプットされてきました。
このトレーニングは、その手法とはまったく対極にあるものだということになります。つまり、多くの情報を同時に見て、同時に受けて理解するという訓練なのです。その具体的な例として、食堂のメニューというのは、それを見て何かしら自分の欲求に基づいて決定しなくてはいけないというところから、素早い判断力も鍛えられるというところからも、脳を鍛える訓練ということがいえるのです。

速読トレーニング

記憶力アップというとよく「速読」で脳を鍛えるといいといわれます。速読は「脳が記憶しやすい意識状態」を作り出すことによって行われます。つまり、「速読しやすい状況」を自分で作りだすのです。
どういうことかというと、視覚に入った情報を「読む」のではなく「撮る」のだという意識というとわかりやすいのではないでしょうか。今、私たちは掲示板などの文字告知を読まないで携帯の写メで写して保存しておくということをしばしば行います。それと同じだと考えればいいのです。
つまり、本を開いたら瞬時に見開きを脳に写してしまうのです。そのためには、一文字ずつ丁寧に追っていては間に合いません。どんなに丁寧に読んだとしても、一度読んだだけで本の内容すべてを理解しているというものではありません。まして、2~3週間もすれば半分は忘れてしまうものです。それならば、短期間で理解して、それを何度も繰り返すか、類書を多く読むという速読の方が、理解も深めやすいのです。
速読とは、視覚情報を重視した読書法だと理解すれば、それほど難しいものではありません。

失業中にキャッシングはできない?

キャッシングはお金が必要な時にとても便利なサービスです。
しかしお金を借りるわけですから当然審査があります。この審査に通らないとキャッシングを利用することはできないのですが、では失業中でお金がない…という方は審査に通るのでしょうか?
結論から言ってしまうと、失業中の方が審査に通ることはないと言ってもいいでしょう。
お金を貸す側として考えてみたら返すアテがないのにお金を貸すことはできませんよね?
なので失業中の方が審査を通すことはないのです。

もし「仕事してない方にも貸します!」と言ったような謳い文句の業者を見つけた場合それは闇金融である可能性が高いので絶対に避けてください。
特に名前も聞いたことのないような業者の場合悪徳なものが多いので、万一そういうものを見つけても、その場ですぐに申し込むようなことはせず、一回冷静になってネットで調べてみましょう。

このように失業中の方がキャッシングを利用することは難しいですが、どの金融機関も「一定の継続的な収入があること」を条件として挙げています。
なのでまずはアルバイト等で一定の収入を得ることから始めましょう。アルバイトやパート、派遣でも継続的に収入があれば審査に通る可能性は十分にあります。
継続年数は長いほうが有利になるので働き始めてすぐ申し込むより、三ヶ月以上勤務していると審査に通る可能性は上がりますよ!

安くお金を借りたいならプロミスの金利ゼロキャッシングが無利息期間あり

こちらは消費者金融について細かく載っているサイトです。
それぞれのスペックが非常に分かりやすく書かれているので初心者のかたにもオススメなサイトですよ!
是非ご覧になってみてください!

闇金マインドコントロール

このブログのタイトルをみてある漫画を連想する方もいらっしゃるかと思われます。
ですので、今日は闇金融の話をします。
よくインターネットなんかで「闇金融なんて今の規制が厳しい時代にいないよ」なんて声を聞きます。
確かに、規制が厳しくなったんで中々堂々と闇金融を経営するような人はいなくなりました。
しかしながら、それゆえに逆に不可視性が増したというか、より手口が巧妙化し、闇金融かどうかが最初わからないということもありがちです。
そのため、優しくゆっくりと違法な金利分のお金を吸い取られていくという手口が主流となっているようです。

これは中々厄介でして、その闇金融の人々に対して借りている人が敵意を持たないのです。
両者が合意のうえでしたら、違法な金利であるいことも発覚しませんので、中々厄介です。
近年では孤独で寂しい思いをしている人に対して闇金融がその寂しさに漬け込んでお金を巻き上げるという手法も目立ちます。
特に高齢者の方がこういった手法に騙されてしまうことが多い様です。
中々巧妙でして、警察などに被害届を出さない程度に利用者をコントロールしていくのです。

闇金融が堂々と暴力を振るう時代では無くなりましたが、形を変えてまだまだ闇金融は潜んでいるのです。
実際のところそうした手口を描く漫画やドキュメンタリーなんかも出てきているのです。

人がお金を使いつづける限り、お金に関する悪い人は消えることはありません。
くれぐれも自分や自分の周囲の人が被害にあわないように気をつけてくださいね。

昔と比べたカードローンの審査

カードローンの審査は、時代によって内容が変わってきています。
昔と比べて言えることは、確実に厳しくなっていることです。
昔の審査基準は曖昧なところがあり、返済が厳しいと業者が判断しても、裁量ひとつで融資することは可能だったのです。
しかし現在は、総量規制によって貸付額は年収の3分の1以内としています。
消費者金融、信販会社、クレジットカード会社などが、年収の3分の1超の融資をすると違法になってしまうのです。
融資可能となるのは、銀行、非営利の金融機関だけです。
借りるのが難しくなった理由はほかにもあります。
大幅に低金利化したことで、業者が利用者を精査するようになったのです。
低金利で貸すということは、自社の利益は減少することを意味しています。
そのため、回収できないと思われる人には最初から融資しないわけです。
こうして見ると、カードローンの審査は確かに厳格化していますが、昔よりもよくなった部分も多くあります。
総量規制によって借りすぎのリスクが軽減したこと、低金利で借りられることです。
総量規制においては賛否両論ありますが、規制に引っかかって借りられない方は、すでに年収の3分の1まで借りています。
年収300万円ならば、100万円をすでに借りているわけであり、この金額は決して少ないものではありません。
借りすぎを防げるという意味では、借りられないことは非常に意味があることでしょう。
金利に関しては特に消費者金融の金利が大幅に下がって借りやすくなっています。

カードローンを利用してみましょう

カードローンは利用の仕方が難しそうで、利用することに抵抗があるという人もいるでしょう。
また貯金がそれなりにあるし、必要ないと思っている人も多いでしょう。
ですが、全国にたくさんあり、しかも24時間いつでも開いているコンビニのATMに、専用のカードを入れるだけで、簡単に利用することができます。
必要ないと思っていたものの、例えばお葬式や結婚式が続いて、想定していた以上にたくさんのお金が必要になることもあるかもしれません。
例えば結婚式のドレスは買うにしろ、借りるにしろそれなりにお金がかかります。
靴やバッグ、アクセサリーに関しても同じです。
それから、どうやってカードローンを作ればいいか分からないという人もいると思いますが、銀行や消費者金融、信販会社などに電話やメールで問い合わせれば、驚くほど簡単に作れることが分かります。消費者金融などはお金借りる即日ですぐに融資を受け、今すぐお金を手にすることも可能です。
銀行や消費者金融などがありますから、どこが自分に合うか、インターネットをはじめ様々なもので情報を入手しましょう。
特にお金のことは誰にも相談できないという人は、自分でたくさんの情報を入手して、充分な知識を得ることがより大切です。
カードローンを利用する際の注意点としては、常に借りている金額とその利息を把握して、計画的に返済するように心がけることです。
また例えば翌月の給料日に返済することを習慣付けるのも良いですね。
なお利息については日割りになりますから、早く返済すれば少なくて済みます。

儲けの仕組み

ディスカウントショップなどで、「激安!」とか「今だけ特価!」などと言う言葉に惹かれて物を買ってしまうというのは誰にもあると思います。しかもそれが欲しいものだったのであれば迷うことなく得をしたいと思い買ってしまいますよね?そして、そんな時、こんなに安く売ってお店に儲けはあるんだろうか…といらぬ心配をしてしまう時もありませんか?実際にお店の人とかに聞いてみると、いやー赤字覚悟でやってます!的なことを言ったりしますが、そんははずがある訳ないんです。

どんなに激安でも儲けは必ず出ています。
本当に赤字覚悟でやっていたら、それははっきり言ってバカなのかもしれません。
確かにお客さんを呼ぶ為にある商品の儲けを無くしてすごく安くすることはあるかもしれませんが、それでも赤字にするなんてことはまずしないでしょう。

これは知人から聞いた話なんですが、イタリア系の飲食店を営んでいるお店でワタリガニにパスタを出すということになったそうです。ワタリガニというと高級食材ですし、それが一匹まるごと乗っているそのパスタの値段は1500円くらいになるそうです。そして、そのパスタをランチだけ限定で880円で提供するとバカ売れだったそうです。ワタリガニがまるごと乗って880円なら安いと誰もが思うかもしれませんね。でも、そのワタリガニの原価はたったの30円だそうです。パスタ自体も原材料は小麦粉ですから原価はたかが知れています。

結局、ランチで880円で提供したとしてもお店側はボロ儲けということなんですよね。

レギュラーメニューであれば食材の調達具合により原価が変動してしまいますが、季節のものを出しているようなお店では旬の食材が安く手に入ったりするのでかなり儲けることが出来るみたいですね。

お店はこんな感じで儲けているんです。
原価は私たちが思っている以上に安いということなんですね。
これからはお店の心配をするのは止めましょう!
激安でももう少し安くならない?と聞けるくらいになりたいものですね!

ナニワ金融道が10年振りに復活!

ちょっと嬉しいニュースが入ってきました。
あの、ドラマ・ナニワ金融道が10年振りに復活するということです!

このブログのタイトルもナニワ金融道からとったものですので、そういう意味ではもしかしたらこのブログも注目されるかもしれないと淡い期待を抱いています。

今は詐欺事件がとても多い時代です。
犯罪予防の為にも、お金のことを学べるナニワ金融道のような類のドラマはどんどん報道するべきだと思うんですよね。ドキュメントなんかでもよくやっていますが、こういうドラマでもこういった啓蒙はしていくべきだと思います。

とはいえ、ナニワ金融道が詐欺事件の話といえばそうではないのですが、お金絡みの人を騙すような内容のものなので通ずるところは多分にあると思います。

個人的にもナニワ金融道は漫画本などでも読んだりするのですが、漫画本だとちょっと内容が難しかったりするんですよね。それに、ジャンル的に高齢者や女性などが読んでいるものではありません。ドラマではスマップの中居くんが主演を務めますので、高齢者や女性なども入りやすく幅広い世代にナニワ金融道の世界を見てもらえるのですごく良いと思うんですよね。

特に今は資産運用などに関する詐欺事件なども多発していますし、そういう観点で見るとナニワ金融道は打ってつけの番組だと思います。自分を守る意味でも、勉強する意味でも是非見てもらいたいドラマですね。

ちなみに初めてドラマ化されたのが1996年ですので、そう考えると18年もの歳月が経っている訳です。中居くんもかなり歳をとってしまいましたが、昔とは違う感じでまたドラマを盛り上げてくれると思います。

これからはじまるナニワ金融道に期待しましょう!

闇金は逃げるべきか相談するべきか

闇金問題を抱えている人が取ってしまう行動として逃げてしまうというものがあります。
確かに闇金は違法なので返済義務はありませんが、逃げてしまって本当に大丈夫なものでしょうか。

もしもそんなことが可能なら、多くの人が借りて多くの人が逃げてしまっているのではないでしょうか。
そんなことをしたら闇金業者は商売あがったりで今現在闇金など存在していないと思いませんか?

しかし…今現在もしっかりと闇金は存在している訳で、それはつまり、闇金から逃げることなど出来ないと静かに物語っているようにも思います。中には実際に逃げて踏み倒した方もいらっしゃると思います。ですが、その人はいつ目の前に現れるかもしれない闇金に怯えながら日々の生活を続けなくてはならないのです。

それはまるで、警察から逃れる指名手配犯のような生活だと思います。
悪いのは闇金の方なのになぜそんな生活を送らなければならないのでしょうか。

もう一度冷静に考えてみて下さい。
本当に悪いのは闇金からお金を借りて逃げようとしている人ではなく、違法でお金を貸している闇金です。
ですが、そんなことを警察に訴えたところでしっかりとした捜査は行ってくれないでしょう。

それよりも法律の観点から対応することをお勧めします。
法律の観点で対応するというのは、法律事務所や法務事務所、司法書士などに闇金の相談するということです。

一般的にはあまり利用する機関ではないのでピンとこないかもしれませんが、こういうところに相談をすればしっかりと法的観点から闇金と交渉をしてくれます。但し、法務事務所なども専門分野がありますので、あくまで闇金を専門として法律事務所などに相談することが重要となってきます。

以下のサイトにて闇金専門の法律事務所をご紹介しているので、そちらをご参考下さい。

闇金からは逃げてはなりません。しっかりと対応することで問題は解決します。
そのことをよく覚えておいて下さい。

不動産投資は儲かるのか?

少し前、投資と言えば不動産投資が最も代表的なものでした。

しかし、今では為替の変動が大きかったり、地震などの影響もあったりと、なかなか不動産に投資をするという人も減っているのでは…?と思いますよね。

実際、不動産投資って儲かるのでしょうか?

例えば5000万円の分譲物件を購入しそれを賃貸物件としたとしましょう。

単純に仲介を一切入れずに個人間で契約をした場合を想定します。

一ヵ月15万円で貸した場合、
年間の収入は180万円ということになります。

つまり、マンション代を全て返し終わるには27年7ヵ月必要ということになります。

マンションは古くなるにつれ価値は下がっていきますし、
それを改善しようと修繕などをすればまた費用がかかります。

そう考えると27年7ヵ月は最短の日数であるので、
これにもっと上乗せされるということになりますね。

おそらく30年くらいが目安ではないでしょうか。

それに、固定資産税などもかかってきますので、
家賃収入があるとはいえ、出ていくお金も何気にあるというのが不動産投資です。

また、これはあくまで部屋を借りていればの話であって、
借り手がいなければ当然家賃収入はありません。

一年間借り手がいなかったとすると、
固定資産税や修繕費用などで赤字になってしまう場合もあります。

なんか数字を見ただけではあまり夢のある投資とはいえないですよね。

更に今は地震が懸念されていたり、
人の絶対数が減っているので空き物件が増えたりと不動産投資家にとってよくない状況が続いていくと言われています。

よほど良い立地で良い物件でない限り、
不動産投資はなかなか難しいんじゃないですかね…。

あなたはどう考えますか?