筋トレは、どこの部位を鍛えているかを意識すること。そして、筋トレを生活の中に取り入れてみる!

筋トレって、難しいって思っている方が多くいらっしゃると思うんです。
でも、それほどではありません。
だって、誰にだって筋肉はありますから大丈夫です。
毎日、ウォーキングやランニングしている人の足を見てください。筋肉が大きいですよね。
まさしく筋トレではないですか。スポーツジムに行って筋トレすることだけが筋トレではありません。
確かに毎日続けるのは非常に難しいです。

でも、筋トレは毎日簡単なことを続けるのにも意味があります。
もし、筋肉モリモリのメガマッチョを目指しているなら、もちろん専属のトレーナーなどをつけて
筋トレに励み、食事制限など真剣にやってください。
しかし、単に筋肉を動かしたい使いたいなどであれば、家でもどこでも出来るのではないでしょうか。
もちろん性格により、本格的な場所でやらないとできない人もいれば、お金をかけたくないという人もいるでしょう。その人によって選べばよいのです。

例えば、お金をかけずに、どこでも筋トレがしたいのであれば、通勤電車を待っているホームで背伸び状態。つまりかかとを浮かせて待つ。
私は電車でもつり革を軽く持ちながら、かかとを浮かせておりました。それにより、ふくらはぎとお尻の筋トレになります。
また、ゆれる車内であれば、つま先立ちになることでバランス感覚が養われ、インナーマッスルを鍛えることも期待できます。
こどもの頃は、バランス感覚が素晴らしかったに違いないでしょう。
しかし、大人になると、どうしたことでしょう。靴下を片足で立ったまま履けますか?そんな簡単だった事が簡単ではなくなってくるのです。

あと、他には、腹筋に力を入れて常にお腹をへこませてください。普段の生活でお腹は緩みっぱなしになってます。そこは筋トレをイメージして背筋を伸ばし腹筋に力を入れると猫背も防げます。
姿勢が良くなることで肩こりも、改善が期待できます。
このことは、歩いていても、座っていてもできます。
また、腹筋が鍛えられれば、便秘の改善もあり得ます。当然ダイエットにも効果があるのではないでしょうか。
あとは、何も考えずに歩いているのであれば、足の裏を意識してみてください。
足の裏のどこをつけて歩くかによって、内腿に力が入っているとか外側に力が入っているか違うのです。つまり、靴の底の減り方です。内側が減っている人は内腿に力がかかっていると思われます。また、外側が減る人は外側のももに力がかかっていると思われます。
そうすると、太ももはバランスが悪い筋肉の付き方になるわけです。筋トレでいえば、間違った筋トレになるのではないでしょうか。
筋トレも間違うと以上に一部分だけが大きくなりバランスを失い、ほかの部分に負担がかかってしまうんだと思います。そういうことでケガなどに繋がるのではないでしょうか。

そうならないためにも、日ごろの筋トレはバランスを考えながら、どこの筋トレなのかを意識しながら生活すること。それが大事になってくるのだと思います。
それだけでも、十分筋トレになりうるのではないでしょうか?
一度、やってみてはいかがですか?

メタルマッスルをご存知ですか?
筋トレサプリメントで筋トレの効果をさらに発揮してくれるんです!

メタルマッスルはこちらから!

だるだるの太ったお尻をキュッと引き締める。

年のせいかお尻がダルダルしてきて気になります。
ズボンもきついし、スリムなズボンをはくとなんだかおばさんみたいでかっこ悪い。
おばさんなので当然ですが、あのころのようなお知りに戻りたい。
そんな時に私は見つけたのです。

あのアメリカで大流行したという30日スクワットチャレンジです。
たった30日でこのお尻があんなお尻になるのかって思いました。
私が見つけたそのサイトには女の人のお尻が映っていたのです。
30日でどれほどの成果が出たかを見せるような写真です。

しかも、アメリカで大流行したのだから多くの人がチャレンジしてます。
お尻の写真も大量です。
みんなが結果を証明しているのです。
見る見るうちに私のモチベーションが上がってきます。
これは私もチャレンジするしかない!
そう思って私の30日スクワットチャレンジはスタートしました。
基本は3日やったら一日休む。
初日は50回からスタートして毎日5回ずつ回数を増やしていきます。
初日は「なんだ、楽勝じゃん。」
こんな簡単なことであんなお尻になれるのかとルンルン気分でした。
最初の何日かは正直簡単すぎました。
全く運動をしない私でも楽勝です。

しかし、しばらくするとモモがプルプルしてきつくなってきます。
やっと効果が表れる時期でもあります。
きついけど、だんだんお尻のダルダルが小さくなった気がする。
変化が見えるから頑張れます。
ただひたすら無心で毎日スクワットに取り組むのみです。
3日やったら1日休める。
休みの日のうれしさったらないです。

今日はお休みだーって飛び上がって喜んでました。
娘が私の姿を見てまねをし始めます。
まだ、小学生の娘にはスクワットなんてきつくも何でもないのでしょうね。
そのうち娘に尻を叩かれるようにやるようになっていきました。
娘のスパルタ指導のおかげで無事30日を乗り切りました。
確かにお尻はプリッと上向き明らかな変化を感じました。
しかし、やり遂げたことで気が抜けて、次の日からまったくやらなくなり1か月後にはもの通りになってました。
30日で終わらせてはダメです。
細々とでも続けることが大事です。

筋トレをするなら、筋肉サプリキレマッスルを飲みましょう!
筋トレの効果を効率よくあげてくれます!

キレマッスル公式はこちら!

オーガニック化粧品なら危険な海外産ではなく国産で!

食と美、それはニアリーイコールですので、老いない作用がある食品を食することで綺麗な肌であり続けることが実現可能です。シイタケやイモ類、ゴマのような野菜、豆類、海藻や魚のような魚介類、ヨーグルトなどの乳製品、玄米や野菜の中でも色の強い取り入れることで齢に負けないことができます。ところで、ファンケルが出している無添加スキンケアとは、コアなファンが多いファンケルのスキンケアのためのシリーズです。無添加化粧品では圧巻の非常に有名な化粧品会社です。これほどたくさんの人に広く長く使われ続けているということは、それほど品質が高いと言うこと以外あり得ないことです。アンチエイジング(化粧品やサプリメント、整形手術など、いろいろな手段があります)は、どの時期から初めればいいかというと出来るだけ、早くのうちから実践することが重要です。遅くても30代から染めたほうが良いと思います。実際、目の周囲の皮膚は薄いですから、目周りの保湿は必ず必要です。
さらに、化粧品だけに凝るのでは無くて、バランスのとれた食生活(食習慣ともいい、日常的に何をいつ食べているかのことです)をし、生活リズムをちゃんと整えて下さい。

洗顔時に熱湯を使用すると肌にとってなくてはならない皮脂まで取り去ってしまいますし、きちんと洗えていないと乾燥肌やニキビといった肌の悩みの原因を生み出してしまうので頭においておくことが必要です。
洗顔が終われば、すぐに化粧水を勿体がらずに使い、ソフトに肌に押し込むように付け、忘れず乳液を塗り、潤いを逃がさないように閉じ込めて下さい。
1番乾燥しやすい目や口の周りなどは、多少多めに塗るようにします。
スキンケアをしないと、どんな変化が起きるかというと、多くの人は肌が衰えていくことを頭に思い浮かべると思いますが、実は正反対で意外と肌は元気になります。
メイクアップというのは肌にダメージを与えるので、それを使わないようにしてワセリンを塗るだけにするのが最も肌に良いスキンケアだと言えます。
ファンケル無添加スキンケアは、無添加だけにこだわりを持っているのではありません。
人が元来持っている力を取り戻し、美しさや綺麗さを再び手に入れるよう、肌細胞の活性化を促し、肌細胞のダメージを改善することも大事に考えて商品にします。
ずっと使っていくと健康で輝く肌に出会えるでしょう。

美肌の秘密をはっきりというと、肌の水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)をどれくらい保つかという部分につきます。
水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)がたくさんあれば生まれたての赤ちゃんのようなハリのある肌になります。
何もお手入れをしないと水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)はあっという間に蒸発してしまいます。
たくさんの化粧水でお肌を潤したら、十分な量の馬油クリームで膜を作るのが重要です。
ほうれい線を消したいと思ったときは、ビタミンC誘導体を配合した化粧品を試してみるといいです。
ビタミンC誘導体には、細胞を更に活発化指せるはたらきが見られるとされ、コラーゲン(美肌効果や関節痛などの改善効果が期待できるとして、たくさんの商品が開発され、売られています)の繊維を増加することでよく知られています。

それらに併せて、美顔ローラーでお肌をコロコロすると、更にいっそう効果が期待できます。
しょっちゅう洗顔をしてお肌の皮脂が常に足りない状態になると、足りない脂分をカバーしようと多く出すようになるのです。
洗顔のしすぎで乾燥状態にもなり、一段と多くの皮脂を、分泌してしまいますから、洗顔はほど良い回数に留めるようにして下さい。
洗顔を行なった後はたっぷりと化粧水を使って水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)を補うことを忘れずに行なうことが大事なのです。

ほうれい線を目立たないようにするには、美顔器を利用したスキンケアを試してみるのはどうでしょう。
たった2本だけのほうれい線ですが、現れてしまったほうれい線をスキンケア系の化粧品で目立たなくしたり消すことは簡単にはできません。
なので、美顔器を利用して日頃からスキンケアをして、肌の奥の深い部分まで美容成分を行き渡らせることをおススメします。
美肌と歩くことは全く無関係のように思われていますが、本当は密接関係にあります。
歩くときに姿勢を正しくすると、スムーズにお肌へ血流が流れるので、代謝が高まり肌を美しくできますし、高血圧や動脈硬化などの成人病にならないためにも効き目があります。
肌の表面についている脂分が汚れを吸着したりニキビと変化することも多いです。
このような肌荒れを何回も続けると、シミ、たるみが残ってしまいます。

その予防のために一番大事なのは洗顔です。
たくさんの泡で丁寧な洗顔を努めましょう。
最も一日に何度も洗顔をおこなうと、逆に肌にダメージを与えてしまいます。
アトピーにかかっている人は、肌が敏感な人用の天然成分だけでできているようなスキンケアを使うことが望ましいです。
アトピーは塩水によって治すことができるという説もあり、浴槽のお湯に塩を混ぜたり、夏は海で頻繁に海水浴をすると治癒する方向にむかうと言われておりているのです。

しかし、実際には、アトピーの箇所にはかき傷があることがほとんどで、塩水ではとてもしみてしまうのが欠点です。
洗顔料が顔に残った状態だと、肌荒れが起きて困るかもしれないので、すすぎ足りないことがないようにしましょう。
洗顔が終わった後には、使うのは、化粧水や乳液など、保湿をちゃんと行なって下さい。
保湿をやっていないと、肌が乾燥してしまい、シワを作りやすくなります。
保湿をちゃんとやれば、シワができない様に、予防・改善することができます。
紫外線はシワが増える原因となるので、外へ出掛ける場合には日焼け止め対策のクリームを塗ったり、日傘を使って対策するなど紫外線対策を十分に行ないましょう。

肌のケアにはエマルジョンリムーバーが効果的です!

吹きかけるだけで簡単に汚れを落とすことが可能なのでぜひお試し下さい!

エマルジョンリムーバー口コミもぜひ見て下さい!

ダイエットのやめ方とやめた時

ダイエットの効果的なやめどきやリバウンドしないやめ方とはどのような方法なのでしょうか。
ダイエット成功をリバウンドで台無しにしないためには、やめどきとやめ方が重要になります。
ダイエットのやめ方とやめどきはとても重要でリバウンドをしてしまうかどうかを大きく左右します。
せっかく頑張ってダイエットしても、やめてすぐドカ食いをしてしまうと努力も台無しになってしまいますので、徐々にやめていくと効果的です。

ダイエットのやめどきは人によって様々です。
ダイエットを始めたのはいいけど、きつさに耐えられなくなりやめてしまう人、成功し目標を達成したからやめる人、体調を崩してしまってやめてしまう人など、人によってダイエットのやめどきに違いがあります。
ダイエットに耐えられなかったという人は別として、ダイエットに成功した人の中には、いつまで続けたらいいのかと思う人もいるのではないでしょうか。

目標を達成したのだからダイエットをやめたいけど、ダイエットをやめてしまうと前の自分に戻ってしまうのではないかと不安になってしまいます。
ダイエットに成功した人にとっては、リバウンドだけは避けたいものです。
そのため、いつまでもダイエットを続けることになってしまいます。

このダイエットのやめどきとしては、ダイエット方法によって違うと考えられます。
ダイエット方法によっては、ダイエット以前の生活に戻せば、すぐにリバウンドをしてしまう方法もありますし、ダイエット方法によっては、簡単には元に戻らないようなダイエット方法もあり、今までどんなダイエットをしてきたかによって、やめどきややめ方も違ってきます。

ダイエットをやめるときには、リバウンドのこともよく考えておくことが必要になります。

ダイエットを成功させても、すぐに戻ってしまっては意味がありませんので、やめどきとやめ方には注意が必要です。
ダイエット中の苦しい思いを忘れずに、「あの苦しい思いを二度としたくない」と思うと、日頃から適度に節制できるかもしれません。

ダイエットしていると肌荒れは気になりませんか?

お肌は綺麗なのが1番です。
しっかりスキンケアをしなければいけません。

エマルジョンリムーバーというアイテムがあるのをご存知ですか?

エマルジョンリムーバーは根本から肌の汚れを除去してくれるアイテムなんです!

肌の汚れが気になる方はエマルジョンリムーバーを!

50歳ですが美容を頑張っているので若く見られます

私は今50歳です。孫も3人もおります。でもいつも若く見られるのでとてもおばあちゃんには見えないと言われます。
私はとにかく昔から美容には力を入れてきました。それは中学生のころに肌がものすごいニキビになっていじめにあっていたからです。外に出るのも嫌で今で言う、インキャでした。
高校生になってもニキビは治らずどんな美容方法を試しても全然治りませんでした。

社会人になってもひどいニキビのため化粧もできずいつもすっぴんのままでした。
そんな時に出会ったのが自然な温泉水で作られた化粧品でした。そこで肌の仕組みや洗顔石鹸の大切さを学び、とにかくきれいになりたい一心で正しい洗顔を心掛けました。
その化粧品はピーリング効果があり、洗っていくうちに古い角質が垢となってボロボロと落ちていくのです。白いカスが顔中につくほどでした。最初は驚きましたが次第に下から新しい皮膚が再生され白く美しい肌に生まれ変わったのです。

ニキビも完治し私は以来、美容に力を入れるようになりました。
肌がきれいになると自分に自信が持て性格も明るくなり友人も多くなりました。とにかく健康で美しく維持したいと、結婚後も出産後も肌にはすごく気を使っています。
若いうちから紫外線対策を怠らなかったおかげで今もシミも全くありません。冬でも日陰を歩き、日焼け止めもかかさないで生きてきました。出産のときも洗顔石鹸で何度も洗い、保湿力をキープさせました。

40代になると体型が崩れてきますので、食べ物にも美容にいいものを厳選して食べています。
酵素がいいと聞き、スロージューサーを購入し毎朝手作りの野菜ジュースを飲んでいます。パンも手作りし無添加の食事をしています。
ジムにも通いスタイル維持は欠かせません。化粧品も無添加無香料のものを厳選しています。
サプリメントも最近飲み始めました。どうしても食事だけでは補えないからだになってきていますので、サプリの力を借りています。

この年齢になるとたるみも気になります。
これだけはプロの力を借りています。エステサロンにもよく行きますし、最近近所に美容皮膚科ができましたので、そこでフォトフェイシャルをお願いしたり美容の点滴などもしてもらいます。
シミができにくいように小さいシミにはレーザーで早めにとってもらっています。おかげで全然肌の悩みもないですし、これからも美容には命を注いでいきたいですね。私の生きがいなんです。

これからの目標は髪をきれいにすることですね。

肌のスキンケアも大切です!
エマルジョンリムーバーとうアイテムをご存知ですか?

吹きかけるだけで汚れがみるみるうちに落ちていくというものです!

白く濁った液が落ちているのをみるとびっくりしましたが(笑)

ぜひ一度エマルジョンリムーバーをお試し下さい!

コンビニ貧乏

社会人6年目で貯金額30万円。貯金はものすごく少ないけれども、周りの友人とお給料の話をすると私は周りより少し収入が多いくらい。
だけど周りの友人はもっとたくさん貯金しています。これから結婚やマイホームなど、人生のお金的節目を迎えるであろうわけですから、
お金はないよりはあったほうが良いに決まっています。そこで私はお金に対して自分が見直すべき点を挙げ、徹底的に改善していきました。
ここでは、その中の項目の何点かをお話ししたいと思います。

そんなわけで私は貯金に関する本を読んだり、インターネットでたくさん調べたりしました。
私が実践したことはとっても簡単です。ざっくりいうと、強い気持ちを持つこと、これが一番重要だと思いました。
様々な節約や貯金に関する書籍を読み漁りましたが、楽してお金がたまる方法なんてありません。
まずは気持ちをしっかり固めてから節約生活に臨むのが一番です。

その中でも私が一番無駄だと思う出費はコンビニ代です。仕事で疲れている帰り道の途中にキラキラと輝くコンビニの看板。
ついつい入ってみたくなってしまいますよね。
値段も数百円の世界のものばかりなので、トイレにいったついでや雑誌を立ち読みしたついでについつい使ってしまいます。
一日に500円のコンビニ代の出費があるとすると1か月で1万5000円になり、1年に換算すると18万円にもなります。
まさにちりも積もればなんとやらですね。

意識し、自覚するだけでコンビニ貧乏からは半分抜け出したも同じです。
今日からコンビニに入る前は一度立ち止まって何を買いに来たか、それは本当に必要なのかをもう一度考えてみましょう。

また、支出をしっかりと目に見える形で記録しておくことも大切です。
自分の1か月の食費や、光熱費、交際費、通信費を正確に把握している人は割合的には結構少ないです。
ただそうは言っても家計簿を毎日つけたりするのはめんどくさい。私もそうでした。

そこでおすすめなのが、スマートフォンアプリです。中には有料のものもありますが、無料でとても使いやすいものもたくさんあります。
銀行口座と連動し、現金の引き出しや公共料金の引き落としなどがあるとリアルタイムで計上されるものもありますし、レシートを
スマートフォンで撮影すると金額が自動で入力されるアプリもあります。
私はアプリを有効活用し、コンビニ貧乏から抜け出すことが出来ました

調べてみれば、もっと良い節約方法があるかもしれません。常にアンテナを張って自分から行動していくことが大切だとも思いました。

一人暮らしでお金を貯める方法と節約術

一人暮らしを始めると、全部自分でお金の管理もしないといけません。散財するのも自由だし、貯金するにも自由です。

自分の持っている範囲でお金を使うのは全然悪いことではありませんが、せっかくであれば、将来に向けて貯金してみませんか。
一人暮らしの人が貯金を始める前に、そもそも一人暮らしの人がどんなときにお金を使うのかどうかを知っておかないといけません。
毎月の家賃、毎日の食費、交際費、CD購入費用、引越し時の初期費用などがあげられます。

貯金を増やしていくのであれば、大切になってくるのが、意味のない支出、つまり無駄使いを減らしていくことが重要です。
自分の将来にとって意味のないお金の使い方はなるべくゼロにしましょう。たとえば、必要もないのにお菓子や飲み物を買うとかです。
行く意味のない飲み会などもそれにあたるでしょう。

貯金を増やす方法で最も簡単なのが、給料の一部を天引きにして、そのお金を無理やり貯金口座に移動させることです。
そのお金には一切手を付けないようにすれば、何も意識しなくても勝手に貯金が増えていきます。

仮に月に5万円天引きで貯金するようにすれば、自動的に年間60万円の貯金が増える計算です。
これが5年続けば300万円、10年なら600万円も貯金できるので、すごい金額です。
給与天引きでの方法は、貯金を増やす最もおススメのやり方なので、ぜひ使ってみて下さい。
特に、自分のことをズボラだと思うなら、余計に効果がある方法といえます。

給与天引きでの貯金に慣れてきたら、貯金の一部を投資に回していくのもありです。
といっても、株やFXにお金を突っ込むのではなく、コツコツと積み立てていく方法を使えば、もしかしたらプラスになるかもしれません。
自動的に貯金が増える仕組みが作れたら、あとは普段の支出を少しでも減らしていきましょう。
コツは、大きな支出から手をつけていくことです。その方が効果が大きいです。
一人暮らしを始めると、食事も自分で用意しないといけません。
毎日外食する方法もありますが、それだとお金がかかり過ぎてしまいます。
できることなら、毎日自炊して、1回あたりの食費を少しでも安くしましょう。
より徹底するのであれば、これまで紹介した内容を実践したあとに生活全般の見直しもした方がいいかと思います。

一人暮らしでは安い食材で食費を節約

一人暮らしで食費を節約する場合、自炊することが多いですが、自炊をするにしても、始めのうちはどうやっていいか分からないものです。
一人暮らしで自炊を行なうにあたり、取っ掛かりとして、安い食材で食費を抑えるということをおススメします。
まず、自炊するに当たり、主食は何がいいかとなると「お米」になると思います。

お米のほかにも、うどんやパスタ、パンなどがあると思いますが、継続的に自炊を行なっていこうと思い場合は、
お米でのメニューを考えたほうが長続きします。そのお米「ご飯」を炊いて自炊を行う場合、どれくらい食費がかかるでしょうか。

まず、お米1合は150~160gとなります。成人男性の場合、この量が「ご飯」として1食分でほぼ計算できます。
女性の場合は、この量の半分でももしかしたらいけるかもしれません。

一人暮らしでお米を購入する場合、3kgから5kgを一回に購入すると思います。
お米は単位が大きいものを買えば安くなりますので、ここでは5kgを基準と考えます。5kgのお米を買うとして、
2000円前後と考えます
(地域によっても違いが出ると思います)。計算の仕方として、お米1合を160kgと考えた場合、
単純に5000(g換算)÷160で、5kgで約31食分ある計算です。次に5kgを2000円として、2000÷31で、一食あたり65円(切上げ)となります。
結論として、5kg2000円とした場合、ご飯は1食あたり65円で済むということです。
ちなみにご飯を炊くには炊飯器に使う電気代も必要になりますが、
一回の炊飯に使用する電気代は東京電力の場合19~25円程度です
(電気代については使用電力量によって段階的な単価差がありますのでこの幅の範囲と考えればいいと思います)。
当然ながら高いお米を買えば、単価として高くなりますが、一人暮らしでそれほど高いお米も必要ないと思います。
次に「おかず」を考えた場合、安い食材としては納豆、豆腐や缶詰め、瓶詰め、レトルト食品などがあります。自炊するとなると、
最初から調理のようなことをしないといけないと考えがちですが、自炊することの目的の一つは食費を抑えることですから、

最初のうちは変に気合いを入れずにまずは続けられる事をやっていった方がいいと思います。
ただ一食当たりの食費の予算は決めた方がいいです。最初はあまり無理のない範囲でやってみたほうがいいでしょう。
たとえば1日1500円(一食500円)程度使っているとしたら1000円に抑えるにはどうしたらいいのでしょうか。
1日1000円だとしたら一食であれば330円になります。そうするとご飯が90円としておかずに210円となります。
これにレトルトカレー(100~200円)とサラダ(キャベツやレタス、その他野菜を買っておいて一食分換算)で多分予算内だと思います。
または納豆と魚の缶詰とサラダでもいいでしょう。
内訳は納豆が3パック100円と考えて1パック33円、缶詰1缶100~200円、とサラダです
(ご飯90円、納豆33円、焼き魚100円であればサラダが付く、200円であればサラダなし)。
さらには少し調理をして野菜炒めとお浸しするとします。
内訳は野菜50~100円、お肉100円程度、ほうれん草1食分30円程度、ご飯90円となります。
少し考えると金額が少し下がってもまともな食事は出来るものです。

今はレシピの専門サイトもありますからメニューを考えるのもそれほど苦にはならないと思います。
ただし、自炊をするに当たっては、ご飯以外の食材の使いまわしの方法、食材の保存の方法をきちんと行なわないと無駄な
食材が増える可能性があります。作ることばかりに気を取られず、そういったことも考えると幅も広がります。

メニュー訓練法

文字情報を視覚で理解して、写メのように一度にとらえていくというトレーニングが、「メニュー訓練法」というものです。これは、食堂のメニューを開いて、メニューを全体的にいっぺんに見て理解していくという訓練です。これは、何もメニューでなくてはならないというものではありません。新聞や広告チラシでも構わないでしょう。文字情報の多いものを見て、瞬時にその内容を理解して、可能な限り、多くの情報を一度に理解するというトレーニングです。
私たちは、これまでの学校教育や、それに基づいた生活習慣の中から、「文字で伝えられているものは、一つひとつ丁寧に読んでいかなくてはいけない」というようにインプットされてきました。
このトレーニングは、その手法とはまったく対極にあるものだということになります。つまり、多くの情報を同時に見て、同時に受けて理解するという訓練なのです。その具体的な例として、食堂のメニューというのは、それを見て何かしら自分の欲求に基づいて決定しなくてはいけないというところから、素早い判断力も鍛えられるというところからも、脳を鍛える訓練ということがいえるのです。

速読トレーニング

記憶力アップというとよく「速読」で脳を鍛えるといいといわれます。速読は「脳が記憶しやすい意識状態」を作り出すことによって行われます。つまり、「速読しやすい状況」を自分で作りだすのです。
どういうことかというと、視覚に入った情報を「読む」のではなく「撮る」のだという意識というとわかりやすいのではないでしょうか。今、私たちは掲示板などの文字告知を読まないで携帯の写メで写して保存しておくということをしばしば行います。それと同じだと考えればいいのです。
つまり、本を開いたら瞬時に見開きを脳に写してしまうのです。そのためには、一文字ずつ丁寧に追っていては間に合いません。どんなに丁寧に読んだとしても、一度読んだだけで本の内容すべてを理解しているというものではありません。まして、2~3週間もすれば半分は忘れてしまうものです。それならば、短期間で理解して、それを何度も繰り返すか、類書を多く読むという速読の方が、理解も深めやすいのです。
速読とは、視覚情報を重視した読書法だと理解すれば、それほど難しいものではありません。